障がい者登山の会 しろうまの会

しろうまの会歴史を紹介

 
  

しろうまの会のはじまり

1988年 東京・板橋区でアジアからの労働者を支援するグループの100名規模のイベントに、 車いすの参加者2名が参加。他の参加者とともに南ア前衛の入笠山の頂上に立った。ほんの30~40分 の行程であったが、車いすごと皆で持ち上げ登った 障害者は「初めて山に登った。とても景色がき れいだ」と言い、サポートした者もそれを聞いて感動した。そのうちの一人(のちの会の発起人)が、 車椅子障害者の一人に「今度はもっときれいな所にいこう 白馬岳なら行けるんじゃないか」と誘った。
 その年の9月、 実行のために核になる人間を作ることがまず必要と考え、4,5名に個別に計画を 説く。その後10名程で1回目の会議を行った。「最低3人が必死になれぱなんとかやれるよ」という声に対 して、「いやもっと多くの人間がこれに賭けるようでなけれぱ実行は困難」という意見が出される。 発起人が初代代表となり2,3回目ぐらいから「白馬の会」と名付けることとなる。

しろうまの会の歴史

1988年

11月
伊豆ケ岳 トレーニングのための日帰りハイキングを行う。18名参加。車いすの 障害者2名。登山いすを初めて使用する。

1989年

3月
 会発足のきっかけとなった車椅子障害者が退会する。発起人は「発足の きっかけとなった障害者が抜けた白馬の会は考えられない。会を解散しよう」というが 「1メンパーが抜けただけではないか。そんなことでなぜ解散となるのか」という声が複数から出て 継続することとなる。
5月
御岳 障害者は車いす2名と自立歩行可能2名。障害者(自立歩行)の 1名の動悸がはげしくなって全体と別れて、その後の行動を中止する。このことについて「どんな簡単な 八イキングであろうと命にかかわることはある。障害者の身体はもろい。忘れてはならないことと実感した。 その障害者は、自分の意志で目分の判断でできる、大丈夫と思ったから来た。ハイキングというものがこのよう なものだとは知らなかった」と言っていた。一般的に障害者はハイキングや登山をしたことがない。したことが ないこと、未知のことについて判断を求められたとしても、正しい判断を下すことは難しいのだなあと思った。 夏のイベントは白馬以外の山にしようと心の中で決めた」と代表は機関紙に書いている。

初めて会の活動が新聞に掲載され、多数加入。

6月
雲取山 障害者を交えて、泊りがけで山行を体験してないとだめたということで実行。 実際は障害者は参加できず、障害を持たない者だけのトレーニングとなる。

代表の判断でこの年の白馬岳挑戦を見送り、登山時間がコースタイムで1時間程の乗鞍岳に変更。 理由は未だ安全性に確信が持てないし、参加希望の障害者とできるだけ一緒に行きたいということであった。

7月
乗鞍岳へ4名で下見。初めてイベンとリーダーを設ける。
日曜日に乗鞍岳登山説明会を開く。新聞応寡の参加者と顔合わせ。

8月
乗鞍岳 全28名。障害者は車いす3名と自立歩行可能1名。スタッフ10名。登山いすの 担ぎ手数名。キャンプが一日あったせいで前目まで、準備に奔走したスタッフは10名程。本隊は電車バスなど通常の 交通機関を乗り継ぎ、山小屋まで雪渓を登って1時間。そこで泊まって、次の日、山頂まで1時間半。北アルプスの山並み がしっかり見えて、車いすの障書者の一人は「お~!」。下りも1時間半。その日は中腹の乗鞍高原キャンプ場に宿泊。 夜は大宴会。
1回限りと考えていた代表の意図を越えて、秋以降も盛り上がり続けて、白馬への跳戦の具体化にかかる。            

11月
陣馬山

  

1990年

1月
代表交代。その他のスタッフ、副代表、機関紙、書記、各1名。パックアップ3名の役員を決める。

4月
高水山

5月
夏に白馬岳に登ることを決定。
車いすの障害者を1名とすることとするが、何人担ぎ手がいれぱ安全が確保できるかなど、安全性をどの程度 つきつめて考えるかで紛糾。中止派と案行派の2つに別れて、夜中まで何度も話し合う。コースについても、 前年に下見はしていたが、7月再度の下見の結果、当初予定していた雪渓ルートが危険であることから、 前夜発2泊3日で蓮華温泉からのルートに変更。危険な箇所があるが、そこに関しては参加者で見て、 だめとなれば引き返すことを確認した上で、実行することとなる。

8月
白馬岳 念願の白馬岳挑戦。初めて貸し切りバス使用。以下代表の書いた反省会 資料より抜粋
本番の山行としては天候も良く、完璧であったが、稜線上の一番景色のきれいな所で、登山いすの上から痕息が聞 こえていた。本番前の紛糾を含めてどう考えるか重たい課題を突きつけられた。
事前の議論はこのようなものだった。「障害者を連れて行くとまでは言わないが、山のこともわからず、自分で安全 を確保しようがない障害者と一緒に行く以上、障害を持っていない側が絶対の責任を負わざるをえない。担ぎ手が最低 何人確保できないと行かないということは決めるおくべきだ」という意見に対して、「この会は旅行会社ではないのだ から、参加が何人でも、その力の範囲内で全力を尽くして、もうこれ以上は無理という所で引き返せぱいい。それは決 して無茶をするということではなく、その時点で冷静で的確な判断の上行動すればいい。チャレンジこそ大事なんだ」 というリーダーを中心とする意見が対立していた。しかし、双方、「障害者を連れて行くということではない」と表向き は言いながら、「連れて行く」者としての連れて行き方のイメージの違いでの対立でしかなかったと考えられる。自己満 足の仕方の違いでしかないということだ。それが証拠に、障害を持つ者は事前の議論にもまったく参加しなかったし、 障害のない側が意見を聞いてみようともしなかった。当日の居眠りはまさに自然な帰結であったのだ。

一応の目標は達したので解散という意見もあったが、折角できた人間関係を保つという理由で続けることになる。 続けるのなら何をやるのか。「障害者が望んでいない中で自己満足的に3000m級の山登りをまた続ければ、また今回の 山行の二の舞になる。少なくとも、自ら高い山に行きたいという障害者が現れるまでは、人間関係を継続するということ で、年に2回ほど危険でもなく労力も時間も必要ない日帰りハイキングなどをやっていれぱいいのではないか。 ほんとうに高い山に行きたいという人が出てきた時に、そのための体制づくりにかかればいいのではないか」 というような活動方針となる。代表を交代。